bl漫画おすすめを厳選!漫画家になるには?

スポンサーリンク

bl「ボーイズラブ」って何?

 

 

はてな画像画像

 

ボーイズラブとは男性同士の同性愛を題材にした漫画や小説などのジャンルのことであり、1990年代から使われるようになった言葉です。

 

1970年代に少女漫画家、竹宮惠子が美少年・青年の同性愛を描き少女漫画で発表して大きな衝撃を与えました。

 

この作品から同性愛を題材にした漫画が始まったのではないでしょうか。作家や編集者のほとんとが女性なんだとか。読者も女性がほとんどを占めておりどんどん人気が上昇しています。

 

そしてすごいのがbl関連の日本市場規模!215億円(2012年)その他を含めれば350億円(2013年)と言われています。すごい額ですね…。

 

その人気の魅力とは?男女の恋愛漫画より受け入れられにくい、また男性同士のどんな恋愛をするんだろう?という好奇心を湧かせる漫画に魅力を感じるとの声が多数ありました。普通の恋愛ドラマより、昼ドラの不倫関係のような危ない感じに興奮する感じなのでしょうか?気になりますね!!

bl漫画おすすめ

 

・犬も喰わない
犬も喰わない画像

 

ハラハラどきどきが止まらない三角関係ストリーの漫画です。

 

作者/彩景でりこ
出版社/竹書房

 

空木は探偵事務所に勤めている調査員で大学教授の山代から、彼の妻の身辺調査を依頼されます。夫と同じ大学に勤めている奥園修治と浮気している事が判明しました。
これが、初めてではなく、二人はこれまでにも「山代が愛した女性を奥園が寝取る」ということを繰り返していました。
なんとも複雑な恋愛関係を続けている男たち。そんな二人の関係に自ら身を投げてしまう調査員。三角関係はどうなってしまうのか!?

 

・それから君を考える
それから君を考える画像

 

切なく、涙が止まらない!小松のデビュー作。
作者/小松
出版社/プランタン出版

 

高校三年生の夏に幼馴染の同級生に片思いしてしまいますが、想いを口にできません。平凡な田舎で暮らしで幼い頃から一緒に過ごしてきた「ヤス」と「タカシ」は大親友。ヤスはタカシに恋愛感情を抱いてしまいます。受験のシーズンにはいり、そこでタカシが東京の大学に行く事を知らされました。その後の展開は!?

 

・イベリコ豚と恋と椿
イベリコ豚と恋と椿

 

笑える!泣けるのbl漫画です。
作者/SHOOWA
出版社/海王社

 

不良なのにゴミ拾いなどをするグループ「イベリコ豚」地元では有名な悪グループが「ポイ捨てしただろ」と文句をつけてきました。

 

やってもない罪をなすりつけられ、険悪な雰囲気になった時、登場したのがリーダーである「イベリコ」なかなか男気のあるヤツで、すっかり惚れちまった…。ところがイベリコは二度と俺の前に現れるなと衝撃な発言を…今後どのような展開が!?

 

そして今後の源路と吉宗の漫画
「イベリコ豚と恋の奴隷」もおすすめ!

 

 

・VOID
VOID画像
作者/座裏屋蘭丸
出版社/リブレ出版
芸術的な漫画で、絶大な人気を得ています!

 

大人気漫画VOID
18歳以下は見てはだめ!マキの元にきたヒューマノイドのアラタ。容姿と記憶の一部をコピーした芸術的なタイプ。最初に見た人間を愛し、依存していく。「ちゃんと愛して欲しい」とアラタは涙目で訴えますが…その後の展開は!?

 

・10DANCE
VOID画像

 

作者/井上佐藤
出版社/竹書房

 

bl漫画を初めて手にとるあなたでも大丈夫!

 

ラテンダンスのチャンピオン鈴木伸也。ラテンや、モダンなどのダンスを踊り10ダンスに挑戦するため、モダンチャンピオンの杉木信也ペアと練習することに。男同士で練習することに楽しむふたり。それを見守る女性のパートナーペア。必死に踊るうち、鈴木は杉木に対しての想いが芽生え魅力を感じるようになります。その後は…!?

 

人気上昇中「ハイキューbl漫画」

 

 

電子書籍でbl漫画を読み放題

 

大人買いして読みたい方はこちらをおすすめ
日本最大のコミック全巻セットショップ

bl漫画家になるには

bl漫画界は新人を求めていますが、新人を育成する余裕はありません。その為見込みがないと名刺止まりで終わってしまうそう。何度か足を運び、持ち込みでやる気や成長過程を見てからという出版社が多いよう。このジャンルに限らず、漫画家は何度もコンタクトをとり漫画を描き続け、持ち込むことが大事なのです。

 

どんな出版社がある?
・リブレ社
・東京漫画社
・幻冬舎
・竹書房
・芳文社
・新書館

 

それぞれ方針は違うようですが、一度目のコンタクトで見込みが感じられないと早めに切り上げられることも。でもそれであきらめないでほしい。急に連絡があることもありますし、二度目三度目と足を運んでOKをくれることも。根気強く頑張ってみましょう。

 

 

ブログを書いて面白ければ書籍化も夢じゃない!
そこから漫画になるなんてことも・・・
ちくしょう!書籍化だ!

関連ページ

スポンサーリンク