lgbtドラマおすすめ「偽装の夫婦」

スポンサーリンク

lgbtドラマ??「偽装の夫婦」

 

 

偽装の夫婦画像

 

『偽装の夫婦』は2015年10月から始まった水曜日22時からのドラマで天海祐希主演のラブコメディーである。
そしてこの番組のタイトルには『理想』の部分に×が入り、『偽装』の文字が入る夫婦、というタイトルである。

 

そしてこのドラマにはlgbt役のキャストがいます!
自身のおすすめであるこのドラマのキャストと人物紹介をします。

キャスト紹介

 

*キャスト*

 

偽装の夫婦画像

 

嘉門 ヒロ(天海祐希)

 

→図書館で司書をしていて、頭も良く運動神経も抜群。小さい頃に親を火事で亡くして、親戚の叔母の家庭に育てられた。
超治と大学時代付き合っていたが、突然姿を消され、それ以来人間嫌いとなる。そしてそれから感情を出さなくなる。面では笑顔を振りまいている中、裏では人に毒づいている。
しばらく独身生活を送っていたが、ある日25年ぶりに超治と再会する。しかし、久々に会ったヒロはゲイになっていた。

 

 

陽村 超治(沢村一樹)
→幼稚園園長の代理。幼稚園の子供を明るくすることが生きがいで、自分自身も明るく人懐こい性格である。大学時代ヒロと付き合っていたが、ゲイだったため、心の底から愛せずにいたため、姿を消した。
25年ぶりにヒロと再会し、母が病気で余命が短い為、安心させようとヒロに偽装結婚を頼む。母親にはゲイを隠しており、言えずにいる。

 

水森 しおり(内田有紀)
→超治の幼稚園の子供のシングルマザー。
元夫からのDVにより、足をひきずって生活している。そして男性恐怖症になり、自分がレズであることに気付く。そしてふと出会ったヒロに好意をもつ。

 

 

水森 由羽(井上琳水)
→しおりの娘。無口で愛想がないが、実は母親想いの優しい女の子。母親のレズであることに理解を示しており、ヒロと一緒になることを望む。

 

弟子丸 保(工藤阿須加)
→宅配業者で働く青年。正義の味方になることを望んでいる。好きな言葉は『世界平和』と『ライス大盛り無料』。そして嫌いな言葉は『見て見ぬふり』と『消費税別』である。超治に好意をもたれるが、彼がゲイであることは知らない。そして告白され、戸惑う。

 

名波 八重子(坂井真紀)
→ヒロの従妹で、専業主婦。そして2人の肥満の子供がいる。小さい頃からヒロと比べられていた為、彼女に劣等感を覚えている。その為、エリートな夫を自慢していて、いつも高級な物を身につけている。
etc...
他にも様々なキャストが登場します。

 

無料!「偽装の夫婦」がhuluで全話観ることができます!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

あらすじ

 

『偽装の夫婦』のあらすじを紹介します。

 

本をこよなく愛する図書館司書ヒロは、美人で頭も良く、運動もできる抜群の女性。

 

 

しかし、ある時から人間嫌いになり、いつも笑顔でいる反面、心の中では毒をはいている毎日。

 

 

そんな彼女がある日、図書館で子供達の為に本を読んでいた。

 

そんな彼女を見つけたのが超治。彼は昔付き合っていた元彼であった。

 

 

ヒロと超治は25年ぶりに再会したのだ。そして、ヒロはなぜ自分を捨てたのかずっと疑問でしかたなかったのだ。

 

その夜、2人は会い、超治から自分がゲイだと打ち明けられる。

 

更に偽装結婚をしてほしいとヒロは告げられる。衝撃と身勝手な行動にヒロは断る。

 

ある日、ヒロの家の床が抜けてしまう。アパートから代償で300万円請求される。払えるお金がなく、家も出され、借金まで作り、途方に暮れてしまう。そんな時に超治から電話がくる。
ある席に同席してほしいと頼まれ、付き合ってくれたら300万貸すと言われ、ヒロは超治と目的の場所へ。そこにいたのはなんと超治の母だった・・・。

 

日本のドラマで主役がlgbtキャストとゆうのはとても珍しいと思うのでとてもおすすめです!ぜひ見てみてください!!

関連ページ

スポンサーリンク