lgbtと日本の企業の対応・取り組み

スポンサーリンク

lgbt企業の対応と取り組み

 

企業画像

 

 

 

lgbtサポートを行なっている企業が続々と増えています。とても嬉しい対応ですね。

 

就活や転職で悩んでいる方も多いと思いますが受け入れ態勢に力をいれ、ウェルカムな会社もあります。

 

ただそれは、日本国内ではなく海外の企業が殆どなのです。

 

例えば、皆さんもよくご存知のアップルやグーグル、フェイスブックなどがあります。他にも沢山の企業がサポートしている事は世界のlgbtの方にはとても心強いですよね。

lgbtに対する日本の企業の取り組み

 

日本企業でも取り組みやサポートが全然ないというわけではありませんが、海外よりはまだまだ少なく感じます。それでも協力的にサーポートしてくれている企業も、もちろんありますのでご紹介します。就活の視野もひろがるのではないでしょうか?

 

アルファロメオ( 自動車メーカー)は2011年から日本国内のlgbtイベント、東京レインボープライド…などスポンサーとして全面的に協力してきました。

 

そしてソフトバンクは、同性パートナーも家族割に加入できます。と先陣をきり、大手の通信会社au、docomoよりいち早く行動を起こした企業となりました。2010年から現在まで継続して、lgbtに関連するイベントらの協賛を行なってきました。後にauやdocomoも同じく家族割に加入できるサービスを取り入れました。そしてauはダイバーシティCMにレズビアンカップルを実際に登場させ、多大な影響を与えました。

 

日本国内の企業で他にも、航空会社の日本航空ANAや全日空JALなども各社のマイレージプログラムを同性カップルにも共有していただけるよう改善しました。JALはピンクドット沖縄というイベントの冠スポンサーを行い、これからも多いに期待ができる企業のふたつだと思います。

 

保険に、関してはライフネット生命、AIGが同性パートナーの方達にも死亡保険金の受け取りができるように改善しました。ライフネット生命はピンクドット沖縄や東京レインボープライドなどへの協賛を行い積極的に取り組んでいます。AIGは福利厚生もしっかりとされ、配偶者に同性婚を追加しました。

 

ITでは楽天やIBMが積極的に取り組みをしています。楽天はいくつか発表をしました。まず、同性パートナーを配偶者として認める。lgbtのユーザーへ楽天カードなど様々なサービスを取り組む事をします。など…今後も期待がされています。また同じIT企業のIBMは日本国内でもっとも早く取り組みをしてきた企業のひとつです。同性パートナーを事実婚として認め、結婚祝金や慶弔見舞い、特別休暇、など福利厚生をしっかりとしていますま。

 


スポンサーリンク

 

大手の家電メーカーパナソニックやソニーも同性パートナーを配偶者と認め、制度を改善させている。ソニーは家賃補助や結婚祝い金の制度もしっかりとあり、取り組みを強化しています。

 

Netflixとは動画配信のサービスをしていますが知っていますか?最近では日本でもCMなどをよく目にします。Netflixといえばlgbtをテーマにした作品なども多数製作していて人気を呼んでいます。東京レインボープライドなど沢山のサポートを行なっています。

 

コスメブランドで有名なPOLAの販売店POLA THE BEAUTYはlgbtの登録説明会を開催しました。受け入れ体制は個性を大切にしたい、美容に興味のある方であれば、他は一切不問ということでした。美容に興味があるその気持ちを大事にしたいというシンプルな気持ちが伝わる企業ですね。

lgbtの人達が働きやすい環境の企業とは?

PRIDE指標でゴールド、シルバー、ブロンズと3段階で評価された賞があり、ゴールドを受賞された企業が53社ありましたので紹介します。

 

 

ゴールド受賞

 

金メダル画像

 

【情報通信】NTTコミュニケーションズ/NTTドコモ/NTTファシリティーズ/ガイアックス/KDDI/日本IBM/NTT/日本マイクロソフト/楽天

 

【エネルギー】関西電力

 

【サービス】アウト・ジャパン/アクセンチュア/EY税理士法人/エクシオジャパン/NTTクラルティ/NTTラーニングシステムズ/エフネス/Diverse/電通/トロワ・クルール/Nijiリクルーティング/パームロイヤル/プラップジャパン/ペンシル/リクルートスタッフィング

 

【製造】クボタ/ストライプインターナショナル/ソニーグループ/日本たばこ産業/パナソニック/富士通/ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス

 

【法務】アンダーソン・毛利・友常法律事務所/長島・大野・常松法律事務所/外国法共同事業法律事務所リンクレーターズ

 

【金融】ゴールドマン・サックス/J.P.モルガン/ドイツ銀行グループ/日本におけるAIGグループ/野村証券/バンクオブアメリカ・メリルリンチ/みずほフィナンシャルグループ/モルガン・スタンレー/UBSグループ

 

【保険】アクサ生命保険/住友生命保険/第一生命保険/ライフネット生命保険

 

【運輸】エヌ・ティ・ティ・ロジスコ/全日本空輸/日本航空/日本トランスオーシャン航空

 

まだまだ海外に比べれば、少ないかもしれませんが、日本でもlgbtについて取り組んでいる企業は沢山あるのです。今後もっともっと増えていけば嬉しいですね。企業としても対応のメリットは大かと思います。やはり、カミングアウトできずに悩んでいる方や、なんらかの形で周囲に知られてしまい、職場にいるのが嫌だ、居づらい。就職活動は大丈夫なのだろうか?沢山いらっしゃるのではないでしょうか?しかし企業の対応によって、離職などの心配がなくなり能力を存分に発揮できる会社、よりよい人材採用。雇用側も雇われる側も双方にメリットはあるのではないかと思います。一人一人が働きやすい、満足して職場にいれる社会になれば日本は更に成長できるのではないでしょうか。

関連ページ

スポンサーリンク