lgbt映画「彼らが本気で編むときは、」

スポンサーリンク

『彼らが本気で編むときは』

 

 

彼らが本気で編むときは、画像

 

『彼らが本気で編むときは』

 

生田斗真主演の映画。

 

この映画のテーマは『lgbtと、家族のあり方』。

 

そしてモチーフは編み物。

 

トランスジェンダーの元男性の役として、生田斗真がキャストとして演じている。

 

彼らが本気で編むときは、生田斗真画像

 

(=トランスジェンダーとは、一般的に常ではないが生まれた時から持っている社会に認識されている役割と同じ規範的な性役割に収まらないような傾向を含む、あらゆる個人や行動、グループに当てられる一般用語)

 

トランスジェンダーの真境名なつきの母が子供が思春期の時、『ニセ乳』を作ってあげたとゆうエピソードが載っていた新聞記事に脚本家の荻上監督は興味を持った。

 

監督の周囲にはセクシャル・マイノリティの人達が存在していたが、帰国した日本で周りのセクシャル・マイノリティの率が減った事に違和感を感じ、その新聞記事で見た「性は男と女だけじゃない」とゆうところに更に興味を持ち、その母親に会って取材したのが映画を作ったきっかけである。

 

文部科学省選定作品で、lgbt先進自治体であり、日本で初めて「パートナーシップ証明書」を導入した渋谷区の教育委員会が推奨作品に選定した。

キャスト

〜キャスト紹介〜

 

彼らが本気で編むときは、画像

 

*リンコー生田斗真
→トランスジェンダーの介護士。

 

*マキオー桐谷健太
→リンコの恋人。

 

*トモー柿原りんか
→マキオの姪。

 

*ヒロミーミムラ
→トモの母であり、マキオの姉。

 

*ナオミー小池栄子
→カイの母。

 

*佑香ー門脇麦
→リンコの同僚。

 

*ヨシオー柏原収史
→フミコの再婚相手。

 

*サユリーりりィ
→マキオ、ヒロミの母。

 

*フミコー田中美佐子
→リンコの母。

 

*カイー込江海翔
→トモの同級生。 etc...

 


スポンサーリンク

あらすじ紹介

 

彼らが本気で編むときは、画像

 

〜あらすじ〜

 

小学5年生のトモは、荒れた部屋で母のヒロミと2人で暮らしている。ある日、ヒロミは男を追い、突然姿を消す。ひとりになったトモは、叔父のマキオの家に向かう。そんな母の家出は実は初めてではない。しかし前と違うのはマキオは美しい恋人のリンコと一緒に暮らしていた。そしてそれはトモは初めて出会ったトランスジェンダーの女性であった。

 

《おかえり》
きちんと整頓された部屋にトモを優しく迎えるリンコ。母は一度も与えてくれなかった家族の温もりや、母よりも自分自身に愛情を注いでくれるリンコに、トモは戸惑うが、次第に信頼を寄せていく。その姿にリンコも愛おしくなる。

 

《かわいくて、かわいくて、どうしよう》
リンコとマキオの出会いは、介護士としてリンコが働く老人ホーム。マキオの母、そしてトモの祖母のサユリが認知症としてその老人ホームに入居している。献身的に自分の母を介護するリンコにマキオは一目惚れをしたのである。

 

《男とか女とか、もはや関係なかったんだ》
悔しい事があるとすぐに編み物をして気持ちを落ち着かせていたリンコ。今はある目標に向かい煩悩を編んでいる。やがて、マキオとトモもその煩悩作りに参加する。

 

《これは、あたしの煩悩》
ある日、リンコの同僚の佑香の結婚式があった。佑香の幸せそうな笑顔にリンコは刺激を受ける。トモの母親になりたい気持ちが日に日に強くなっていく。そんなリンコの気持ちをマキオは受け入れる。

 

《戸籍を女に変えてマキオと結婚したら、トモのママになれる?》
《受け入れます全部》
本当の家族ではないが、3人で過ごす毎日は特別でかけがえのないもの。そして本当の幸せを教えてくれる至福の時間。そんな日々が永遠に続くと思っていた3人だが、そんな時突然、ヒロが帰ってくる、、、

 

ざっとあらすじをご紹介しました。
この映画は今までにないちょっと変わった映画だと感じます。

 

カタチなんて後から合わせればいい。
3人だからきっと見つかる。
ここから新しい一日がはじまる。

 

そんな作品です。
ぜひ見て見て下さい!

関連ページ

スポンサーリンク